――はじめに自己紹介をお願いします。

銀座院の橋本祥平と申します。 2018年4月に入職しました。

――橋本先生はどうして美容外科、美容皮膚科で働こうと思いましたか?

“正”の方向にエネルギーを使った仕事がしたいと思ったのがきっかけですね。

元々文系の大学にいたのですが、大学3年生の就職活動のタイミングで、“自分が将来何がしたいのか“ということを考えたとき、まずたどり着いたのがずっと仕事を続けたい、常に成長したいというものでした。

例えば医師という仕事は、国家資格があるから自分の手が動くまでずっと働けますよね。さらに、美容外科という領域は、美意識が高い方が患者様として来るような場所だから、患者様の”正”のエネルギーが強いと思っていました。仕事を通して自分もそのエネルギーを吸収し、成長できると思いました。さらに、その人達を見て、いろいろ考える場面がきっとあるだろうと思っていました。

私は元々法学部だったので、弁護士という仕事も考えるところではあるとは思うのですが、人生長いし今からやり直して自分のやりたい事やった方がいいんじゃないかと思いましたし、美容医療のように、「綺麗になる」という”正”の方向に向かっているエネルギーの仕事がしたいと思い決めたという感じですね。



――他の美容クリニックの見学は行かれました?

他に大手美容クリニック様の見学にも行きました。

最初に品川グループに来たんですけど、話を聞いているうちにすごい”しっくりきた”というか。表現はおかしいかもしれないですけど、共感できる部分がすごく多くて。理事長のお話を聞いたときも「やっぱり美容外科目指してよかったな」って思ったのがとても印象的でした。

その後、1つのクリニックしか見学しないのはよくないと思い、別のクリニックにも話を聞きに行きました。見学にいくと確かに患者様もたくさんいて、賑わっているように感じたのを覚えています。その後、採用担当の人といろいろとお話させていただきました。 そこも業界大手だから結構悩んだのですが、ファーストインプレッションを信じようと思いました。美容医療に進もうと大学3年生のときに思ったのも直感ですし、これは間違ってないだろうということで品川グループに決めました。

――実際に理事長にお話を伺ったときに感じた“しっくりくる”という感覚があるというお話でしたが、例えばどんな感じでしたか?

これからは、”生き方をどう生きるか”という時代になるというお話でした。

寿命は120歳ぐらいまでという限度があって、次に伸びてくるのって健康寿命。自分の意識があって、自由なことができる時間をいかに伸ばすかであったり、その時間をどういう風に前向きに過ごすかっていうことに力を注ぐ時代になるのではないかというお話でしたね。

そこに携われる分野だし、昔と違って医者はある程度余るようになりますし、これから競争の時代に入っていき、今までと同じような時代は終わって、サービス業じゃないけれど”おもてなしの精神”のような考え方は間違いなく必要だと思います。この分野にいたらそういうのを求められる分野だから、自ずとそういう時代に向かって時代に適合していく、そういう話をしました。


――入職してからの7ヶ月間を振り返ってみていかがですか?。

無力感がすごいですね、品川美容外科に貢献とまでは私も言えるレベルじゃないので。ですが、楽しく頑張れていると思います。例えば、所属している銀座院の日々の業務ができるだけ円滑に行くようにとか、まだ活躍できなくても早く自分も活躍していきたいなと考えていることが多くなっています。
とにかくもう、自分が前向きでいるようにしていますね!

――同期のドクターと連絡を取ったりしていますか?

研修以来会ってなくて。同期のLINEがあるんで、そこで連絡は取り合っています。

――銀座院の雰囲気はいかがですか?

皆さんにはすごく良くしていただいています。まず菅原院長はすごく優しいし、いろいろ勉強させていただいています。それこそ「なんかちょっと無力感やばいです」みたいな相談をするときもあります。そうすると、「“自分のスタンスを決める時期だから” ”どういう風にこれから先を生きてくかを決める時期”だから、無理しても続かない。ゆっくりとまでは言わないけど、じっくりやってこう」っていう言葉をかけてくれますね。

あとはスキンの藤井院長もスタッフのみなさんもいつも気さくに話しかけてくれるので、僕は本当に恵まれている環境ですね。


  

――以前の病院と比べて、勤務状況や給料などの待遇面はよくなりましたか?

まだ私生活がこう変わったみたいなのは別にないんですけど、入ってくるお金がもう全然違うんですよね。まだ戸惑っていますし、うまく使いこなせていないです。もうちょっと慣れてきたら生活水準も変わってくるだろうけど、まだそんなレベルじゃないです。

――橋本先生のこれからの意気込みをお願いします。

そうですね。私の中で今、1番美容外科医としてかっこいいなと思っているのが銀座院の菅原院長です。 いつか菅原院長のように活躍できる人間になれるよう、後ろでみながら日々頑張って付いていきたいなと思っています。

――例えば菅原院長のどんなところが”かっこいい”と感じましたか?

例えば、僕にもスタッフにも優しいし、患者様にもそういうのは伝わると思いますし、日頃の行いっていうのが伝わっていると思います。 さらに院長として、売上も考えなければいけなくて。売上も考えつつ、患者様の満足も考えつつといったように、バランス感覚を持っていると思います。患者様のためだけに、いろんなことをやりすぎたら、院の経営としては成り立たないと思いますし。そういったバランス感覚は自分も見習っていきたいと思っています。


今は試行錯誤しながら日々成長していることを実感しています。これからもっと活躍して品川グループの発展に貢献できるよう頑張っていきます!!



SNSでシェアする
  • Google+Google+
  • LINELINE