第107回日本美容外科学会:2019年4月17日レポート Vol.1


2019年4月17・18日に行われた第107回日本美容外科学会。品川グループからも多くの先生方が参加されました。それぞれの先生方にお話をうかがいましたので、当日のお写真とともにご紹介します。


左から福岡院・箱田先生、熊本院院長・宮谷先生、綿引理事長、渋谷院院長・和田先生


品川グループ、綿引理事長はとても優しくて、誰に対してもいつもにこやかです。そのお人柄を慕って長く勤務している医師・職員も多く在籍しています。


熊本院院長・宮谷先生と福岡院・箱田先生は、理事長との写真で、少し緊張されていました!

■宮谷先生

全国のいろいろな先生方の症例などを拝聴し、知識の研鑽になりました。また品川グループの先生や知っている先生ともお会いして、情報交換なども出来てアップデートできました。

■箱田先生

以前よりも興味あるものが多かった印象です。また女性医師の立場にたったシンポジウムなども充実しており、参加してよかったです。



渋谷院院長・和田先生


渋谷院院長・和田先生は、毎年学会に参加されています。

■和田先生

眼瞼下垂のLiveサージェリーは、渋谷院では行っていないので勉強になりました。また、エキスパート2の顔面骨形成術、特に有村藍里さんの手術をされたレグノクリニックSBC銀座院の山口院長のお話は興味深かったです。


和田先生は、こちらにインタビュー記事もあります。是非、合わせてご参照ください。

https://recruit-shoyukai.com/voice/6



渋谷院・長谷部先生


渋谷院院長の和田先生と一緒に学会を回られていた長谷部先生。和田先生とは、普段からコミュニケーションをよく取っていらっしゃるそうです。

■長谷部先生

眼瞼下垂のLiveサージェリーでは、手術を観ながらだったので大変参考になりました。また4月18日の品川本院・蝶野先生のシンポジウムは、勤務の関係で聞けなくて残念でした。


長谷部先生には昨年度、インタビュー取材をさせていただきました。こちらも合わせて、ご参照ください。

https://recruit-shoyukai.com/voice/60



左から静岡院院長・近藤先生、品川本院院長・秦先生


以前、品川本院で一緒に勤務されていたこともあるお二人に、揃って撮影のご協力をいただきました。

■近藤先生

眼瞼下垂やアンチエイジングのリフトアップ、鼻尖など、興味がある講演がたくさんあり、今までやってきたことが間違っていないということも分かり、また大変参考になり、今後に役立てたいと思うコツなども得られました。

■秦先生

眼瞼下垂のLiveサージェリーは新たな試みで、来年以降もぜひやって欲しいと思います。また勤務の関係で4月18日の蝶野先生の講演が聞けなかったのが残念でした。


秦先生は、以前行ったインタビューもあるので、是非、ご覧ください。

https://recruit-shoyukai.com/voice/35

https://recruit-shoyukai.com/voice/1



左から京都院院長・宮西先生、神戸院院長・清水先生


4月17日学会初日の朝早くから、いらっしゃっていたお2人。まだ人が少なかったこともあり、檀上での撮影をさせていただきました。

■宮西先生

久しぶりに会った先生方とゆっくり話ができて、情報交換などもでき、とてもいい機会になりました。

■清水先生

シミやニキビ、身体の施術など新しく学ぶことが多いですね。患者様の満足度を上げるためにさまざまなテクニックを取り入れていきたいと思いました。神戸院のスタッフにも、この2日間で学んだことを共有していきます。その結果、院全体のレベルが上げられればいいと思っています。


心斎橋院院長・原田先生

■原田先生

Liveサージェリーなど、内容盛りだくさんの学会でした。普段あまりゆっくり話したことがなかった品川グループの先生方とも話ができて、いい機会になりました。


インタビューをしている中で、学会の内容を今後の役に立てたい、スタッフにも共有したいというお声もあり、とても貴重なお話をうかがうことができました。先生同士で情報交換をされているケースも多かったようです。 先生方には貴重なお時間をいただき、まことにありがとうございました。


このVol.1ではご紹介しきれなかった先生方については、レポートVol.2でご紹介しております。そちらも是非、合わせてご参照ください。


「第107回日本美容外科学会:2019年4月17日レポート Vol.2」の記事はコチラです。

Vol.2の記事
SNSでシェアする
  • Google+Google+
  • LINELINE