──はじめに自己紹介をお願いします。

銀座院の岩田勇児です。友人から菅原院長の評判をお伺いして銀座院への配属を強く希望させて頂きました。希望通り配属してもらい非常に有難く思っています。

──品川グループに入職する前の研修医時代では、どちらに勤務していましたか?

聖路加国際病院での初期研修を終えた後、同院整形外科に勤務していました。そこで整形外科・救急外傷などの診察を行い、専門医を取得致しました。またレジデントの教育や病棟長、チーフレジデントなどの役職も務めさせていただきました。


国内留学では、同院形成外科にてトレーニングさせて頂き、またがん研有明病院整形外科にて骨軟部腫瘍を学びました。多くのご縁とチャンスに恵まれ、今の私がいます。

──岩田先生はどうして美容外科・美容皮膚科というような業界で働こうと思いましたか?

私の働いていた3次救急では、最も重症の患者様が来院し、重度の骨折や感染、小児の外傷、四肢の再建などに携わっていました。


日々の診療を行う中で、「機能を治しても、創や傷を見て心の傷を思い出してしまう」、そんな患者さんに触れる事も多く、審美性や美容的な側面も大切にしたいという想いがありました。


整形外科の専門医を取得したので、今後のキャリアを形成外科か美容外科のどちらで築こうかとても迷いました。最終的に今の私の研鑽してきた学歴と技術を美容の世界でも活かせると思いました。なかなかこういう経歴の人はいないと思うので、ちょっとおもしろいかなと思って飛び込んでみました。



──数あるクリニックのなかで、品川グループに入職を決意したきっかけや決め手はあったのでしょうか?

これが自然と一択でした。画期的なシステムを構築し、美容外科業界を牽引・発展させてきたのは、間違いなく品川美容外科ですから。

──実際に働いてみて、想像していたものとのギャップはありましたか?

一般診療から自由診療に移るため、大きな壁になるであろう事がいくつか想定され、自分でも構えていた部分がありました。


しかし、菅原院長をはじめ、スタッフの皆さんに恵まれ、そんな気持ちのギャップがなく診療に移れたことがやはり一番大きないいギャップだったなと思います。

──入職されて約半年経ちますが、どんなところに喜びやりがいを感じますか?

患者様を幸福にするという意味では一般診療と何も変わらないということがわかりました。診療をしていくなかで患者様と信頼関係が築けるようになると、コンプレックスや悩みを少しずつ話してくれるようになります。


一生懸命打ち明けてくれた悩みに対して一緒に考えて、解決でき、患者様が笑顔で喜んでくれた時、とてもやりがいを感じます。


施術が終わった後にコンプレックスが取り除けた、本当に生きていてよかったと涙を流された時は、つい私ももらい泣きしそうになりました。患者様が追い求める幸福に少しでもたどり着けたときが一番嬉しい瞬間でもありますね。



──銀座院はどのような雰囲気ですか?

皆さんとても明るくて人がいいですね。仕事に対して非常に前向きですし、患者様のことを想ってどうすれば笑顔で帰っていただけるのかということを第一に考えています。院の雰囲気は患者様にも伝わりますので、明るく前向きな気持ちで働く事はとても大切です。実は非常に難しい事なので、それが実践出来ている銀座院は素晴らしい職場だと思います。

──ドクターやスタッフと、どのようにコミュニケーションとってらっしゃいますか?

職種関係なく、よくコミュニケーションを取るようにしています。菅原院長には、毎日のように沢山質問してしまうのですが、いつも丁寧に指導してくださるのでとてもありがたいです。同じ一般診療での経験も長く、外科医としても大変尊敬しています。


藤井先生も非常に人当りも良いですしとてもいい先生です。美容の話に限らず私が一般診療でどういう医療をしてきたのか、また論文の情報を交換したりそういった話が多いですね。


スタッフとは、くだらないこととか冗談を言うこともあります。だいたい私からよく話しかけます。話しやすい環境作りも大切ですから。



──患者様とコミュニケーションされる上で、大切にしていることはありますか?

必ず自分の会話を客観的に頭の中で聞きながら話をしています。会話は、どうロジックに沿わせるか、どういう起承転結を持つかが非常に大事です。


ですが、相手に伝わらなければ意味がありません。なので、お話をしていて患者様が途中で陰りを見せた場合、私の頭の中のロジックに沿ってないわけですからすぐに軌道修正。どういうキャラクターの人にどういう話し方をしたらいいのか、必ず頭で反芻(はんすう)しながら会話をしています。


また、患者様にわかりやすいよう紙に書いたり、絵を描いて説明したりと工夫もしています。患者様にも、しっかりと理解してもらった上で診療を進めたいと考えています。


あとは所作ですね。所作でその人が丁寧な人間かどうか伝わります。 例えば、物をよく落とすとか患者様の落としたものに気付けないとか。ほんとに些細なことですが「この先生丁寧かも」とか「不器用かも」って思われてしまうことがあるので、ひとつひとつ気を付けるようにしています。

──入職を検討されている方や初期研修のドクターに向けて、アドバイスをお願いします。

まずは自分が医師として何が一番大事かということを考えて欲しいですね。


何事にも言えることですが、どんなにセンスがあっても経験に伴う知識や技術は繰り返し自己フィードバックをして時間をかけないと習得できません。しっかり腰を据えてまず美容を学べるクリニックを選ぶ、これが一番いいかなと。見学へ行ってみて雰囲気が合うなとか、とても魅力的でこの先生を手本にしたいという人を探すのが一番近道かなと思います。

──最後に、これから働く上での意気込みや、目標を教えてください。

私の最終的な目標は、やはり一人でも多くの患者様が心から信頼してくれて、何かがあったときに「岩田先生に診てもらいたい、岩田先生なら一緒に解決してくれる」と思ってもらえるような医師になる事です。


また今まで培ってきた医師としての経験や技術、学術などを正しい形で患者様に伝えていきたいなと考えています。


医療は日進月歩ですから、温故知新に励み、驕ることなく、日々精進して自己研鑽を続けます。患者様に誠実に、堅実に、謙虚に診療していくことを心がけていきます。



【品川美容外科・品川スキンクリニック 銀座院 公式HP】

品川美容外科 銀座院

品川スキンクリニック 銀座院

SNSでシェアする
  • Google+Google+
  • LINELINE