※現在は品川スキンクリニック札幌院勤務です。


──まずは自己紹介をお願いします。


2020年の4月に入職いたしました、石井寛人と申します。

これまでに内科、リハビリテーション科を経験した上で入職いたしました。

──内科、リハビリ科からの転科ということですが、美容外科・美容皮膚科で働こうと思われたきっかけはなんですか?


今まで携わってきた診療は、病気や機能障害といったマイナス面を可能な限りゼロの状態に近づけるというような、元の状態に戻せればベストという医療だったんですけれども、コンプレックスや悩み、場合によってはトラウマになっていることをゼロからプラスに引き上げるお手伝いができる医療として美容医療・美容皮膚科に興味があり、働いてみたいと思いました。



──数ある美容クリニックの中で、どうして品川グループで働こうと思われたのですか?


品川グループは開院からの診療実績がとても長い老舗で、かつ全国に支店を持つ大手の美容クリニックである点で選びました。


また、患者様に合わせて施術の内容を変更するなど、患者様と信頼関係を築いた上で、施術の選択肢をご提案していくというような、気軽に通えるクリニックという点にも惹かれました。

──ちなみに、他のクリニックも見学されましたか?その時の印象はいかがでしたか?


はい、大手クリニックの3ヵ所に見学に行かせていただきました。


他のクリニックだと、施術を一回行ったらもう終わりというような印象を受けました。しっかりと信頼関係を築いた上で施術のご提案をしていく品川グループがいいなと思いました。

──内科やリハビリ科などで以前から患者様との関係を築いてこられたので、美容皮膚科においても信頼関係を大事にするという部分を重要視されていたのですか?


そうですね。元々が外科系のような、『癌が見つかりました』→『手術しましょう』というような診療ではなく、機能障害や持病とじっくり向き合っていくような科から来ていますので、そういう面では合っているのかなと思います。活かされていることも多いですね。



──では、反対に大きく変わったことはありますか?


意外かと思われるかもしれませんが、実は大きく変わったことはほとんどありません。今までの内科やリハビリテーション科では、その人の悩みを掘り下げていく作業だったのが、美容に関しては、患者様のお悩みをまとめていく作業になります。その上で施術をご提案していく形なので、悩みや問題点の抽出の仕方に少し違いがあるくらいで、実はそんなに違いはないと感じています。


元々話をするのは好きで、話の中で相手の表情の変化や言葉のイントネーションから汲み取っていくのが得意です。例えば、患者様が実は本当に気にしているところだったり、逆に悩みではあるけれども、そこまで重要なポイントではないところだったり、他の部分のお話を聞くことができたりしますね。そういう意味でも、患者様との会話はとても大事ですね。

──指導ドクターや先輩ドクターとの関係はいかがですか?


本院で勤務を始めてから、先輩ドクターから多くの手技などを学びました。とても親切で気になったところも丁寧に答えていただいて、とても信頼していますし、上手だなと思いながら一緒に働かせてもらっています。


出張で品川本院以外のクリニックに行くこともあるので、いろいろなドクターにもお会いするのですが、「こういう風にした方がいいんじゃないかな」とか、ちょっとした違いなんですけど「ここを気を付けてあげればより満足度が上がるのではないかな」というような助言やアドバイスをいただくこともあります。時には厳しくもありますが、とても勉強になります。



──スタッフとの連携や関わり方で気を付けていることはありますか?


基本的には患者様が第一優先になるので、極力診察した患者様のご希望に合わせたいと思っています。その上で、お肌の状態やダウンタイムに対しての恐怖心、施術への不安などがある場合は、できるだけ詳しく看護師さんに伝えるようにしています。最近はスムーズに伝達もできるようになって、看護師さんやクラークさんとの連携はとてもうまくいっていると思います。


私がこの施術が良いのではないかと思ってご提案したものでも、続けていくうちに、「実はこっちも悩みなんだよ」と患者様から看護師の方に申し付けがあることもあります。そういうフィードバックがあった場合は看護師さんからの提案も参考にしながら、改めて患者様にカウンセリングを行うということもあるので、とてもいい関係が築けていると思います。

──以前勤務されていた時に比べて、勤務状況や待遇面はよくなりましたか?


待遇面としては、収入は大きく向上しました。一方で、以前は外科系ではなかったので、勤務日数については若干増えた状態にはなっています。

──お子様がいらっしゃるということですが、オフの日はご家庭でどのようにお過ごしですか?


最近だと、子どもが来年小学校に入学するので、一緒に自転車に乗る練習をしたり、公園へ行ったり、外食をしたりすることが多いですね。

──最後に、これからの意気込みをお願いします。


患者様を第一にしていきたいと思います。施術についても、患者様本人が納得できないものは、強くおすすめしたくないと思っています。やはり通っていただく、続けていただく、そして徐々にお悩みを解消していくというプロセスを大事にしたいと思います。


大きな施術が必要な場合もありますけれども、ダウンタイムが怖いというような不安があれば、他の解決方法を提案するなど、極力患者様のお気持ちに寄り添いながら負担のかからないご提案ができればと思っています。



(現在は品川スキンクリニック札幌院勤務です。)

SNSでシェアする
  • Google+Google+
  • LINELINE