──まず自己紹介をお願いします


品川グループに入職して3年目になる山本彬文と申します。去年の4月に新宿から品川本院へ移動になり、品川美容外科・品川本院に勤務しています。

──品川美容外科に入職される前のご経歴を教えてください。また、美容外科・美容皮膚科という業界で働こうと思われたきっかけや理由はありますか?


山形大学を卒業して、初期研修を愛知県の二次救急病院で実施しました。そこで形成外科や皮膚科等、各科で勉強した後、品川グループに入職。最初は新宿院でスタートしました。


もともと大学生の時から人の「美」に対して興味があり、それに携われる仕事ができればいいな、と思っていたのですが、その中でも美容外科医という仕事は、人の「美」に対して手助けすることで、ダイレクトに結果も出てきますしやりがいのある仕事だと思っていました。



──数ある美容クリニックの中で、品川グループに入職を決めたきっかけや決め手はありますか?


大学生の時に品川グループに見学に行ったのですが、品川グループの雰囲気が良く、直接ドクターとお話しさせていただく機会がありまして、とてもやりがいのある仕事だなと感じ「将来はここで働きたい」と強く思うようになりました。


再度研修医の時に品川グループの本院と名古屋院にも見学をさせていただいたのですが、その時、「自分の目指す医療をここで叶えることができる」と改めて確信しました。

──品川グループに入職して、やりがいや喜びを感じる点はどこですか?仕事の魅力を教えてください


一番は、担当した患者様からの感謝の言葉につきますね。この仕事に真摯に向き合っていって良かったなと感じる瞬間です。「人生変わりました」「先生のおかげで前向きになりました」等々、患者様に言っていただけることが嬉しいです。 


美肌注射やボトックスの施術など毎月指名をしてくださる患者様とも信頼関係ができ、私自身も「患者様の思う方向に改善するためにはどうしたらいいか」という気持ちになり、患者様に寄り添える医療ができているな、という実感がありますね。



──患者様からの好感度が高い先生とお伺いしましたが、コミュニケーションを取る上で、大切にしていることはありますか?


私は『患者様側に立った時どう思うのか』ということを大切にしていています。


個室という空間の中で、患者様にはある程度の選択肢を持たせてあげることがとても大切だと感じています。


例えば、新しい患者様の時には、名刺を渡す時にできるだけ自分の自己紹介をしています。


そこから、どういう悩みがあるのか、それに対して何となくでもどんな治療を考えて来られているのかなど、患者様の考えをまず聞いて、それから大きく外れないよう治療の選択肢を提案します。


「綺麗になっていただくためにこれが一番近道ですよ」だったり「ちょっと時間はかかるかもしれないけれど、コツコツできる治療もありますよ」とお話ししたりして、信頼関係を築けるように努力しています。


ほかには、処置後も前回の経過をフォローアップしたりしながら、患者様の心を不安にさせないように心がけています。


前回の予約や処置に対して、どういう効果があったのか、満足いただけたかなどを聞き、自分も同じ目的に向かって最大限努力をする。


この積み重ねが、患者様との信頼関係に繋がっていくのかなと思います。



──品川本院はどんなドクターが働いていますか?また、ドクター同士の雰囲気はいかがですか?


品川グループの本院ということもあり、技術も知識も豊富な先生が揃っていてさすがだなと思います。院長も各ドクターも含めてやる気に溢れている先生が多く、日々勉強させていただいています。


日々の診療での悩みや不安を普段の会話の中で改善できるような環境で、手術の技術や注射ひとつとっても、優しく丁寧に指導をしてくださいます。

──先日のドクター研修では、どんなことを行いましたか?


コロナ禍ということでweb研修だったのですが、理事長がいつもおっしゃっている「患者様ひとり一人を大切にしましょう」という内容を強調されていました。


普段意識していても、忙しい時は患者様に時間を掛けられない状況が続いてしまうので、その中でも最大限親身に優しく悩みに対して寄り添う医療を提供したいと思いました。


また、コロナ禍での診療ということもあり、そういうところでも患者様を不安にさせないように、手洗いや消毒などはスタッフ間でももちろん徹底してやっていくことを改めて学びました。



──最後に、品川グループに入職を検討しているドクターにメッセージをお願いします


品川グループの特徴は、患者様を日本一大切にすることをモットーとしてことです。


患者様の「美」に対して寄り添っていけるとてもやりがいのある仕事なので、まずは是非見学に来ていただいて雰囲気を肌で感じていただけたらと思います。


一緒に働ける日を楽しみに待っています。

SNSでシェアする
  • Google+Google+
  • LINELINE