──Q.まず自己紹介をお願いします。

大宮院の高木欽之(たかぎただゆき)と申します。2018年4月に入職しました。

──Q.高木先生はどうして美容外科、美容皮膚科で働こうと思いましたか?

もともと美容外科に興味がありました。 症状にもよりますが、内科や外科といった医療のように長い目でみて治癒を目指すというより、その場で結果が出やすいということと、患者様にきれいになっていただき、喜んで帰っていただくという美容外科の仕事に従事できればと思いました。


研修時代から勤務医として務めた当初は、身体の見た目を治療する形成外科が楽しいと思っていたのですが、前の勤務先の病院でいろいろな経験をするうちに「なにか、違うな」と思い始めたのがきっかけで、どちらかといえば美容に近い方の形成の手術の方がやりがいを感じるのではないかと考え始めたのです。例えば今の施術でいうと、二重を作ったりフェイスリフトを施したりなどですが、きっとやりがいを感じられるのではないかと思い、美容外科の医師になりました。


──Q.他の美容クリニックの見学は行かれました?

はい。一度見学に行ったことがあります。 もともとは石川県にある大学に通学しており、当初は地元で働くことを考えていたので、近くにある美容クリニックに行きました。

──Q.では、どういう経緯で品川美容外科へ?

きっかけはホームページです。インターネットで探していたら、いくつか大手が出てきたのですが、その中でも研修システムがしっかりしていたこと、そして何より昔からある美容外科で実績もあると思い、「一回見学させてください」と品川美容外科へ直接電話しました。そのときの対応がとても良く迅速で、「時間があるときにいつでも来てください」と言われ、無理なく私の都合で見学をさせていただいたという経緯です。

本当は金沢で就職をしようと思っていたのですが、見学後はしっかり研修をしながら、経験を多く積める品川美容外科がいいなと思い、それから他院に見学には行きませんでしたね。



──Q.品川美容外科の研修はいかがでしたか?

美容の技術はもちろんですが、それ以外にも“笑顔の作り方”や、患者様との“コミュニケーションの図り方”など勉強になりましたね。例えば、いきなり美容の話をするのではなくて、少し会話を挟んでからの方が打ち解けやすいなどです。本当に小さいことですが、当たり前だけどできていないということが、いろいろあったと再認識しました。

私は、喋り方がちょっとゆっくりなんです。ゆっくりながらも言葉のアクセント、例えば強調したいとこはしっかり喋るとか、指摘されてからは結構練習しましたね。

──Q.入職してからを振り返ってみていかがですか?

やっぱり品川グループで間違いなかったと思いますね。 具体的には、やっぱり研修システムではないでしょうか。上の先生がいて、そして中堅クラスの先生がいて、そして新人の私たちがいるという形なので、どちらの先生にも聞きやすい環境です。自分から聞いて教えてくれるのはもちろんですが、「ちょっと困ってしまった」と無言で黙っていても、その様子を素早く察してくれて配してくれたり、施術のときも必ず診て確かめてくれたり、その都度細かく教えてもらえるので大変勉強になります。


普通の医療業界と比べると美容外科は少し特殊で、新しい機械や新薬などはメーカーが違うだけで全く効果が異なることがあります。そういう事例が出る度に、品川の本院で研修のための時間を取り解明していくので、わからないまま進むということがありません。ですから、研修システムがしっかりとしている品川美容外科を選んで良かったなと思います。


──Q.以前と変化があったことや大宮院の雰囲気を教えてください。

以前の病院は仕事も忙しく、何かをする時間や考える時間、逆に何もする時間がなかったりなど、とてもアンバランスな状態でした。 しかし、品川美容外科では、ただ忙しく時間が過ぎていくだけではありません。忙しい中でしっかり教えていただき、少し時間ができたら教科書を読む余裕が生まれたり、シミュレーションで教えてくれます。しっかりとした勤務時間の中で、いろいろなことを学びながら、しっかり仕事ができていると思います。


また働く雰囲気がとても良く、ドクターや看護師、クラークや受付、全てすごく仲が良いですね。会話の中でアドバイスをいただいたりします。女性が多い職場ですが、「先生、先生!」みたいに呼んでくれ、コミュニケーションを取れるような環境を作ってもらい、細やかな気遣いをしてくれて助かっています。



──Q.高木先生のこれからの意気込みをお願いします。

いろんな技術を身に付けて、美容外科医として立派になれるよう頑張りたいです。 特に、大宮院の院長である加藤先生は、一つの目指す像かなと思います。患者様やドクターからの信頼も厚く、スタッフとのコミュニケーションができていて技術もある。もう、この大宮院を任されて10年くらいだと思うのですが、加藤先生と同じように、ゆくゆくは院を任されるようなドクターになりたいです。

──Q.最後に、高木先生からこれから入職される方へ一言お願いします。

美容に興味がある方はもちろんですが、少しでも気になる方は、ぜひ見学にきて話を聞いていただきたいなと思います。しっかり研修もでますし、とにかく自分の結果がしっかり給料に反映されるという、本当に素敵な職場です。


私も美容の研修をすることなく入職しましたが、ゼロから教えていただきながらしっかり施術ができるようになってきています。皆さんも同様、何もできなくても、これからしっかり学べる環境だと思いますよ。



SNSでシェアする
  • Google+Google+
  • LINELINE