≪クラーク職インタビューの後日談≫

品川美容外科のクラークインタビュー

── 動画撮影のある取材はいかがでしたか?

前職で取材を受けたことはありましたが、動画は初めてでした。 動画はとても緊張して、ついつい早口になってしまって何度か撮り直ししました。

── 最初取材をお願いされてどう思いましたか?

えっ?私ですか?と思いました。どうしようかなと迷った時に院長に相談したところ、 「いい機会だし表参道院のPRにもなるから出てみたらどうかな」 というお言葉に背中を押されて引き受けることにしました。 前回のインタビュー記事はコチラ

── 改めて自分の仕事・職種についてどう思いましたか?

クラークというお仕事は患者様の気持ちに寄り添い、喜んでもらえるようなカウンセリングをする必要があるため、研修中は覚えることがとても多いですが、興味のある美容のことなので研修はとても楽しかったですね! また院長や受付、他の職種の方とも連携が大切で、サポートしてもらうこともあります。 これからも常に初心を忘れず、患者様のために頑張っていきたいと思いました。 品川グループのクラーク勤務の実態とは

── 前回のインタビューでもっとこういうことを伝えればよかったことなどありますか?

お勉強のことをもう少しお伝えすれば良かったなと思いました。 お勉強はもっと難しくて大変かなと思っていました。 もちろん覚えることはたくさんありますが、本当に楽しかったです!知識が増えてきちんとしたカウンセリングが出来ると患者様に信頼してもらえるようになるのでやりがいがあります。

── たとえばどういうときに信頼されたと感じましたか?

以前患者様に、 「あなたはまだ若いから私の悩みなんて分からないでしょう」 と言われたことがありました。 年齢的には確かに患者様より若いかもしれませんが、女性がいつもきれいでいたい、こんな風になったらいいのに。という気持ちはよく分かるので、患者様の気持ちに寄り添って対応したところ「あなたが対応してくれて話をして良かったわ」と笑顔でおっしゃっていただけた時ですかね。

── 患者様から信頼されるとうれしいですよね!

さらに頑張ろうと思いますね。 当院を気に入っていただいて、次回お嬢様やお孫さんとお越しいただいた患者様もいらっしゃいます。 また、「この日に行こうと思うけど小坂さんいる?」なんて言われたこともあります。 とてもうれしいですし、患者様のご期待に添えように成長していきたいですね。 品川スキンクリニッククラーク求人

── 落ち着いた雰囲気があるから安心感も患者様に持ってもらえそうですよね。

落ち着いているとはよく言われますね。同い年の職員がいるんですが、私が年上に見られることが多いです! 表参道という土地柄もあって患者様も落ち着いた素敵な方が多いので、仕事をする上では少し上に見られる方がプラスになることもあります。

── HPはご家族は見てくれましたか?

家族からはたくさんラインのスタンプがきました! 仕事ことについて詳しく知ってもらえてよかったですし、安心したようで頑張ってねと言ってくれました。 姉も来院してくれました。取材受けて良かったです。

── 取材の時に、子供の時の話などもしましたよね!

そうでしたね、子供のころの日焼け止めの話とかですよね! 母が美容意識が高くて、小さいころから日焼け止め塗られていて当時はイヤでしたが、今となっては本当に良かったと思います。

── 今後クラークとしてどんな風に活躍していきたいですか?

もちろん初心を忘れず、患者様の気持ちに寄り添えるクラークであり続けたいですね。 また表参道院には私より長く働いている先輩がいて、学ぶことも多くサポートしてもらっているので、私もそんな先輩になりたいと思っています。
SNSでシェアする
  • Google+Google+
  • LINELINE