──まずは自己紹介をお願いします。


札幌院で院長をしている小林雅郎と申します。2001年に医学部を卒業して形成外科で勤務した後、2005年に品川グループに入職しました。入職してからは、品川本院・新宿院で技術を学び、その間札幌に月に2~3度出張をしていました。2009年から札幌院の院長として頑張っています。

──数ある美容クリニックの中で、品川グループに入職を決めた理由は何ですか?


一番大きなポイントは、患者数が多く症例数がたくさんあったところです。当時、私は形成外科で勤務していたので、美容外科の評判やそれぞれのスタイル等の大枠は何となく耳にする機会がありました。その中でも、少数を高額でする医療ではなくて、比較的リーズナブルな金額で患者様に寄り添う医療をしていると聞いたことがきっかけでした。


臨床でたくさんの患者様の悩みを解決したいという思いがあったこともあり、私の感覚に一番ぴったり合ったのが品川グループでした。


──品川グループに入職して、やりがいや喜びを感じる点はどこですか?仕事の魅力を教えてください。


皮膚科や形成外科とは違い、美容外科は心の悩みと直結する部分を解決していく医療でもあるので、仕上がりの成果がダイレクトに患者様から伝わってきます。仕上がりが良ければ本当に笑顔で、幸せになりましたっていうお話をたくさんいただけるので、そこは大きなやりがいですね。喜んでくださっているのが直接感じられる医療は、なかなかないと思います。

──リピーターの患者様が多い札幌院ですが、患者様の対応で心掛けていることはありますか?


医療は正解が無くて、一人の患者様の治療方法って色々な方法があるはずなんです。その中で、どんな正解を見つけていくのかがポイントだと思います。例えば私たちがこういう施術をすればお顔のバランスいいかなと思っても、患者様の好みの施術方法があるはずです。イメージ的には手広くどれが一番合うのかを探りながら、最後の決めの一言が大切ですね。


その一押しを会話から見つけていくように気をつけています。もちろん処置が上手だとか仕上がりが良いっていうのは大前提で、患者様が笑顔になれる処置をどう見つけていくか、そこに至るまでも大事にしていますね。



──札幌院はどんなドクターが働いていますか?またドクター同士の雰囲気はいかがですか?


私が自由と自主性を重んじているような雰囲気を作るように心掛けているので、明るく自由にという感じでしょうか。ミーティングはありますが、定例的に時間を設けて話し合いをしていることはありません。その都度「何かあったときに声かけて集まってやりましょう」というような感じです。


あとは、自分たちが笑顔じゃないと患者様を笑顔にできないと思っています。院の雰囲気が良くて、働きやすく笑顔が多ければ、患者様にも優しく対応できます。休むときはめいっぱい休んで欲しいというスタンスです。

──新人ドクターの指導で心掛けていることはありますか?


スタッフという意味では新人のドクターも他職種もみんな一緒で、何でも聞ける雰囲気作りでしょうか。例えば「これは注意が足りないようだ」と感じたことは必ずフィードバックするようにしています。


「ここまで今できている」とか、「打ち方どうだこうだ、こうしましょう」と厳しくするのではなく、私もそうですが注射の打ち方や処置の仕方は患者様によってだいぶ違ってきます。もちろん、札幌院全体で「ここはこう打ちましょう」という全体のルールはありますが、臨機応変に学んでもらいそれぞれ工夫しているような状況ですね。


──どういうドクターに札幌院に入職して欲しいですか?


明るくて前向きで、患者様を良くしたいと考えられる人に入職してほしいですね。患者様の悩みや希望を聞き、喜んで貰って解決してあげたいという思いがあれば、どなたでも大歓迎です。


手先が不器用な方はマイナス要素と思いがちですが、まったくそんなことはありません。しっかり学べば、将来的にはできるようになります。不器用なことがどのくらいマイナスになるかと言ったら、全体で言ってもおそらく1%もマイナスにならないと思いますよ。自分の個性を活かしながら、患者様に丁寧に寄り添える心がある方に来て欲しいです。



──最後に、品川グループに入職を検討しているドクターにメッセージをお願いします。


自分の未来と希望を自らの手でつかみ取ってほしいと思っています。「つかみ取れる場所がここにはありますよ」と伝えたいですね。私の経験上、患者様を幸せにするには自分自身が幸せと感じ、生活も仕事も充実していないといけません。


私自身、毎朝職場に向かう気持ちは晴れ晴れして空気も美味しい!という思いで出勤しています。仕事を通して自分も幸せになれて、やりがいを感じられる。そういうところがおすすめです。「先生のおかげで人生が変わりました」「自分の性格が明るくなりました。ありがとうございます」と患者様に言われた時は、むしろこちらがありがとうございますっていう言葉を返しています。本当にやっていて報われるというか、嬉しい瞬間でもありますね。


入職を検討しているドクターとも、そんな嬉しい瞬間を共有できるようになりたいです。ぜひ、品川グループで明るく楽しい自分の未来と将来をつかみに来てください。




【品川スキンクリニック 札幌院 公式HP】

品川スキンクリニック 札幌院


【品川美容外科 札幌院 公式HP】

品川美容外科 札幌院

SNSでシェアする
  • Google+Google+
  • LINELINE