──自己紹介をお願いいたします。

品川スキンクリニック神戸院の清水と申します。

──まずは、数ある美容クリニックの中で品川グループに入職を決めた理由を教えてください。

以前は一般病院の整形外科に勤めていたのですが、もともと美容医療には興味がありました。

決めた理由はいくつかありますが、まずは症例数が多く、たくさん経験を積めるところです。また、いくつかのクリニックを見学したのですが、品川グループはドクターに対するバックアップもしっかりしており、安心して勉強していける環境なのではと思いました。

──入職後、どんなところにやりがいや喜びを感じられましたか?

患者様に喜んでいただける瞬間です。

美容医療というのは、患者様の長年のコンプレックスや悩みを解消する医療です。ですから、施術後はどの患者様もとても喜ばれるんです。この喜ばれる様子というのは、一般病院の施術後とはまた違った、美容医療ならではのものだと思います。


神戸院には、何年にも渡って通い続けてくださる患者様もいらっしゃいます。年齢層も幅広くて、10代の方から80代の方までいらっしゃいますし、親子で通って来られる方もいらっしゃるんですよ。幅広い世代の患者様とお会いしてお話ができ、その悩みを解消することができることをとても嬉しく思います。



──神戸院の雰囲気はいかがですか?

お互い助け合って、前向きに仕事に取り組んでいます。休みの日にしていることや、旅行したときの話などの雑談もよくします。あとは、最新の美容情報についてスタッフから教えてもらうことや、スタッフの美容的な悩みをドクターが聞いて「じゃあこういう施術を受けてみたら?」という話をすることもあります。全員仲良く、和気あいあいとやっています。

──院長になられてから、変わったこと、何か意識していることはありますか?

院長になってから、神戸院を信頼して長年通ってくださっている患者様のためにも、頑張らなければいけないという気持ちが強くなりました。


あとは、新しく入ってくるドクターの指導です。新しく入ったドクターは、まず本部で技術と接遇の基礎をじっくり研修して、それから各院の院長が責任持って指導することになっています。最初は少しずつ見守りながら、カウンセリングや処置に一緒に入り、やってもらうことを増やしていきます。

何かあったときや不安そうにしているときなどには、なるべく声をかけてフォローするようにしています。



──指名率が高いそうですが、ドクターとして、なぜ患者様に選ばれると思いますか?

指名率が高いのかどうかちょっと自分ではわかりません(笑)ですが、リピートや指名をしていただけるとすごくやりがいを感じますね。


心がけているのは、一人ひとりの患者様に一生懸命対応することです。リピートの患者様だと毎回同じような処置になることもあるのですが、そんなときでも毎回必ず現状やお悩みを伺います。それは処置して何かひとつのお悩みを解決したとしても、時間が経つとまた別の悩みが出てくることもあるからです。ですから、同じような処置が続くときや、ちょっとした小さな処置であっても、ほかに何かありませんか、と声をかけることは欠かせません。


新規の患者様の場合は、「ホームページ上で症例写真やプロフィールを見た」「ブログやInstagramを見た」などの理由でご指名いただくことが多いですね。

ブログやInstagramは本部に許可を取り、患者様のプライバシーに気をつけて仕事に関係あることだけを載せるなど、配慮をしながらやっています。一度診させていただくと、半分くらいの方に「次も同じ先生で」とおっしゃっていただけます。

──女性の多い職場ですが、スタッフのコミュニケーションで大事にしていることはありますか?

挨拶です。朝、顔を合わせたらきちんと挨拶して声をかけるように意識しています。あとは、ちょっとしたことでもお礼を言うことですね。

挨拶もお礼もコミュニケーションの基本です。こういった細かなコミュニケーションを取っていくことが大事だと思っています。ドクターもスタッフも、患者様に満足していただくという目標に向けて仕事をしていますから、いい意味で性別を意識することなくコミュニケーションを取っているのではないでしょうか。



──どういうドクターに入職して欲しいと考えていますか?

まず、美容医療に興味を持っている人。それから、患者様ときちんとコミュニケーションが取れる人。美容医療というのはサービス業でもありますから、患者様ときちんとお話ができ、お悩みを聞き出すことができる人であればいいと思います。

──最後に、品川グループに入職を検討しているドクターにメッセージをお願いします。

長く勤務することになるので、職場選びは慎重に行いましょう。

当院だけでなく、複数のクリニックを見学して考えるといいと思います。見学するときには、ドクターがちゃんとゆとりを持って患者様を診察・治療できているかどうかが入職先選びのポイントのひとつです。患者様が多いのはいいのですが、多すぎてドクターが忙しすぎる状態になると、患者様とのコミュニケーションや医療そのものの質が確保しにくくなりがちです。きちんと休めて、気持ちに余裕を持てる状態でいられることが大事です。なお、当院は週休2日制で、オンコールもないので、ゆとりを持って仕事に打ち込めると思います。



【品川スキンクリニック 神戸院 公式HP】

品川スキンクリニック神戸院

SNSでシェアする
  • Google+Google+
  • LINELINE